昼間部 日本画科 コース説明

OIL PAINTING

観察 → 発見 → 実践 → 理解

ふな美の日本画科ではまずモチーフに真摯に
素直に向き合うことが良い作品作りの基本と考えています。

その意識から丁寧な観察力が身につき、本質につながる発見があり、描くモチベーションが生まれます。
その毎日の繰り返しに充実感を覚え、必ず「入試で選ばれる絵とはどういうものか」が理解できて魅力ある作品を描く力が身につきます。

9:00〜16:00

時間割

昼間部 日本画科

すべては「合格」のため

1人ひとりの受験生に目的地「合格ライン」と立っている場所「今の実力」、そしてどこを伸ばし、補えば手が届くのかを理解できるように指導します。

カリキュラムはアイディアに富み、綿密なスケジュール計算により組み立てられています。
課題設定のコンセプトは「バランス良く実力がアップし、楽しくてやり甲斐があるから続けられること」。 カリキュラムを1人ひとりに合わせていかに無理なく実行していくか、講師の指導力が問われますが、ふな美日本画科はそこで真価を発揮します。

思い通りに出来ても、出来なくても描く行為があって得られた結果として自己分析できる前向きな受け止め方が身につき、継続のための原動力になります。継続力を支える正しいプラス思考は合格を果たした後の大学生活も豊かにします。

◎地の利を活かした授業

スケッチするための景色や施設、優れた作品にふれることができる美術館など、アトリエの外での授業が行いやすい環境にあります。 船橋という都市の利点が授業の充実に大きく反映されます。

◎さらなる授業内容の充実を目指す

月〜金までの通常授業に加え、土曜日は特別枠として様々な授業を取り入れます。
他科や夜間部との合同課題や専用の教材を用いての実材実習など、美術の総合学院として授業の企画力を最大限に発揮します。

昼間部 日本画科