学科 コース説明

LECTURE

英語・国語の学習で
美大合格をより確実にしよう!

「絵が描ければ芸大・美大に合格できる」という時代がありましたが、 今は、英語・国語をはじめとした学科の成績が大きく合否に関わるように なりました。フナビでは英語・国語の2科目を徹底的にサポート。 今は苦手だ、という生徒さんでも、1年間しっかりやれば、 必ず受験に有利になります。一緒にがんばりましょう!

昼間部各科学費には夜間学科強化講座・夜間部(受験生)各科学費には土曜午後の選択学科が含まれていますので入学時に選択登録をして下さい。変更は可能です。

芸大・美大入試の重要ポイント

芸大・美大入試の重要ポイントは
実技と学科の実習バランス!

志望校や専攻の違いによって学科の重要度が異なるところが芸大・美大入試の難しいところです。
まずは志望校・専攻の入試データを確認し、自分の学力と実技力の現在位置を見極めるところから始めましょう。
計画性を持って取り組めば、必ず合格へ近づいていくはずです。 年の後半に実技に集中するためには、前期から学科の基礎をしっかりやっておくことが何よりも大切です。

レベル別指導

年6回(基礎科は年2 ~3回)のテストで綿密に 学力をチェックしながら、それぞれの学力レベルに合わせた授業を 展開します。わからないまま「傾向と対策」を行っても実際の点数に は結びつきません。担当講師が一人一人の状況を確認し、必要に応 じてクラス分けや変更時期をアドバイスします。

※時間割は変更することがあります。

N学科(N1〜N2)

昼間部生用の夜間強化学科(N1,N2)は、授業料に含まれる形で追加学費なく受講 することができます。夜間実技強化講座との併用も可能です。授業日火・水両日出席可能な学生が対象となります。受講希望者は入学時に登録してください。(変更は可)

基礎選択学科[土曜午前選択制]

現役での合格をめざす基礎科の皆さんをサポートします。基礎的な学力試験を課す美大入試においては、 中学時代の英語をしっかり見直しておくことが重要なので、基本に立ち返って学年の区別なく取り組んでい きます。各クラスの実技授業と重ならない土曜午前希望者選択制です。学科に不安のある人は入学時に実技 とセットでお申込みください。。基礎 科生は3月終了となります。基礎科生で土曜午前に高校等で参加できない人は申し出て下さい、可能な場合は土曜午後へ振替受講いたします。 ※実技授業に加え、学科授業料が発生いたします。途中追加も可能です。

S学科(S1〜S2)

土曜の午前に行う学科授業です。
夜間部受験生対象のオプション学科授業です。午後の授業についていく ための補講として初級レベルから取り組みます。(受験生は12月終了。基礎 科生は3月終了となります。

※受講希望者はお申込み・学費納入が必要となります。

S学科(S3〜S4)

土曜の午後に行う学科授業です。
2クラスにレベル分けを行い、特に初心者の底上げと中級レベル維持を目標とします。授業は英語を中心に行い、現国の授業を合同で行うことがあります。

※夜間部油画科・日本画科・デザイン工芸科の学費には土曜午後選択学科(S3〜S4)受講費用は含まれております。受講希望者は登録をしてください。

一年間の授業進行

※時間割は変更することがあります。

実技と学科の担当講師が志望校面接やテストの結果を 踏まえ、学科の受講についてアドバイスします。また、各 テストの成績によって学科のクラス変更や、実技へのス イッチングも適切に指導します。 実技と学科のバランスを しっかり取って「合格領域」をめざしていきます。受験生用 の学科は12月まで、基礎学科は3月までの授業となります。

自分の力を確認してシナリオをつくる

学科
オレンジの矢印

オレンジの矢印

学科の基礎力はあるが、7割とれるかは不安定。土曜午後の中級レベルの学科を受講し、学期中 に学科を固める。夏期講習会で「傾向と対策」を行い、実力テスト2で学力向上を確認した後は、実技に集中して実技 と学科のバランスを調整し、高得点で合格領域をめざす。

グリーンの矢印

グリーンの矢印

実技も学科も両方不安な位置からスタート。土曜は午前学科初級レベル+午後中級レベルで 学科もしっかりおさえる。実力テスト2で一定のレベルに達したら、学科は土曜午後のみに切り替え、私大模試で 7割取れれば、以降は実技に集中して対策をとる。