昼間部 デザイン・工芸科 [芸大デザインクラス] コース説明

DESIGN & CRAFT

新しい価値を創造する
豊かな感性と知性を磨く

デザインの分野では多様化する価値観の中で幅広い視野と柔軟な発想力が求められています。

何気なく見過ごしている物事にも興味を持ち、既成の概念や作られた言葉ではなく
新しい価値を創造できるように自分の感性と知性に磨きをかけて夢を実現させましょう。

合格へのカリキュラム

芸大デザイン科の入試ではデッサン・色彩構成・立体構成の3課題が出題されます。
基礎的な共通項を総合的に学びながら、それぞれの課題に的確に応えるための実践力を鍛えて入試へ万全の体制を整えていきます。

◎表現の『基』をしっかりと学ぶ

デッサン

正確にモチーフを把握して表現するための描写力を養います。モチーフの質感や構造をしっかりと捉えて描写表現できるように様々なモチーフ・課題に取り組んでいきます。

色彩構成

基礎的な色彩の知識をしっかりと学びながら、自分の発想・発見を的確に伝えるための描写力・構成力・表現力を身につけます。

立体構成

立体・空間構成の基礎的な知識を学び、素材の理解・道具の扱い方を含めて造形の基礎をしっかりと身につけていきます。

◎合格をつかむ『突破力』強化

入試の壁を突き破るためには、冷静に実力を見極める事がとても重要です。個々の実力を的確に分析しながら長所に磨きをかけ、弱点を徹底的に補強します。

入試対策課題に取り組みながら具体的な指導で対応力を養って行きます。課題へ明解に応えるために必要な実践的テクニックを習得して、効率的なプロセスを構築しながら合格をつかむための『突破力』を強化していきます。

時間割

時間割 学力に心配のある人は、なるべく1学期から学科に取り組みましょう。途中から実技に変更することもできます。

観察力・発見力・表現力

『的確にものを捉える眼を養い、捉えたものから様々な発見をして、発見したことを表現する。』

テクニックだけを身につけても本当の力にはなりません。様々な物、事から発想するための発見ができるような柔軟で豊な感性を養うことがデザインの根底で求められています。

多彩な課題や講師とのディスカッションを通して、観察力・発見力・表現力をしっかりと磨いて本物の『デザイン力』を身につけましょう。

デザイン工芸科の学科

私立美大の入試では学科が重要な合格判定の要素になっています。実力テストや面接を通して、個人の習熟度を把握しながら学科力を強化していきます。

※学科授業は学科ページを参照